大学生活

どうも・・・ソフトボール部に加入をしてそのミーティングに今日は午後からいってきました。


夕方の3時ごろから始まって5時まで話し合って、そっから軽く練習するかってなって6時30分くらいまでてきとーにキャッチボールしたりして、からのボーリングで9時40分まで遊んで、駅まで徒歩20分かけて歩いて、からの先輩のちゃりに乗せてもらって、がっこう来る前に俺のチャリを置いておいた友達の家まで行き、からの自分のチャリで帰ってきて




















なうにいたるわけですよ。







大学生みたいな一日でした。これから新入生歓迎会なんかがあるときっとお酒とか飲む機会もあるのかもしれませんがまだ飲んだことはないですが、酒は飲むのであって飲まれるべからずと母親に教わったこの言葉を胸にこれからも僕はがんばります!!!





ちなみに僕のフラグムービーであるUNDER THE WAVEは完成しています。こっそり完成Verを見せてもらいましたが僕はもう自分のFMだからってのもあるかもしれませんが興奮してやばいです。

いつか自分のFMを作りたいなと思っていた夢がついに実現したわけです。公開はおそらく今週中です!!お楽しみに!!
スポンサーサイト

人には言えない恥ずかしい話

今日の出来事を書くぜ





近々俺の大学では健康診断があるんだ


そんで尿検査ももちろんあるわけだ

俺ははやめに採尿をしておいたんだ

でも友達と今日話したら明後日くらいに健康診断行こうぜってなった

そういえば俺のかばんの中にはその時点で2日前くらいに採尿した例のアレが入っていたんだ

弁当とアレが同じかばんに入りながらのキャンパスライフ

清清しいほどにみんなの視線が刺さる

あーあー果てしないー夢を抱きー

新たにー採尿ーしてーきーまーすー

進路とは

今日は学校の授業で進路講演会なるものがありました。

その講師として今回は、大阪のほうから剣道で有名な作道先生という方にきていただきました。うちの高校にも剣道のうまい先生がいまして、その先生たっての希望ということで、そのお二人の立ち合いというものを見学させてもらいました。



剣道については全くの初心者な自分だったので、何がうまい動きなのかとか一切わかりませんでしたが、互いの気迫はものすごく伝わってきました。


その後作道先生から進路についてのお話をしてもらいました。



特別な名言を残してくれたわけではありませんでしたが、今の自分にとってはとてもためになる話ばかりでした。自分を見失うな、独りよがりになるな、ということも言っていましたが、すぐに私は、「どうせ俺なんて・・・」とか思うところがあります。

SAでの雑魚狩りをしてるときは「俺卍最強卍www」とか言ってますけど、まぁそこは例外でしょう。


でもそう思うようになってしまったものは仕方ないような風にも思うんですよね。何事にも前向きで生きてける人なんていないと思ってますし。


適度に憂鬱になるのはいいんじゃないかなと思います。度合いにもよりますが、自殺するレベルの憂鬱は危ないですが、(はぁ・・・どうしたらいいんだろ・・・。俺なんかじゃだめなんだろうな・・・)くらいの悩みならしたほうが良い経験なんだと勝手に解釈してます。



悩んでるときはもう周りが見えずに一人ぼっちになったような気持ちになったりする人なのですが、不思議と何週間かすると、あんときの悩みはいい思い出だったなー程度になってしまうんです。まぁ結局はその程度の悩みだったのかよっていう感じですけど。

そら人によってはもう一生悩むようなこともあると思いますよ?悩めばいいんじゃない?と思いますよ。でもずうううううううううううっと何かに悩める人でもそのうち疲れるでしょうw別のことを考えたりするでしょう。また悩むけど。


もう悩みとか個人のサイクルなんじゃない?っていう風に思うようになりました。毎日悩む人もいれば、毎月、毎年、10年、100年、悩まずフサフサまで色々でしょう。


死なない程度に悩みましょう。




私は自分の進路について今日そういうことがあったのでまじめに考えてみました。



ゲームすることが好きで、英語を流暢に話せる人にあこがれていて、百人一首が好きで、篠田麻里子が好きで、っていう感じの男の子です。





よくわかんないや













でもいえるのは













自分の進路くらい死ぬ気で考えろwwwwww



ってことですよねーw俺は果たしてどんな大人になるのかwww





追記は子供のころ自分が思っていた人生というものです。ネタもないので長文でごまかします。興味のない方も見てくれるとカウンターが回ります。


Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。